汎美術協会

展覧会Exhibitions

汎美だより

一覧に戻るReturn

表紙の画像をクリックすると、別ウインドウでPDFが開き、
本文をご覧頂けます。→
 
[目 次]

   
       

1   巻 頭 言 汎美術協会/代表 根 岸 節 

特 集/新型コロナ禍の今、アートは?
2   コロナ禍の展覧会運営 汎美術協会/事務局長 大 野 善 孝 
3   コロナ禍のパラレルワールド——“アート”の所在は?/木 虎 和 生 
5   制作は続く、美術活動は続く/中 西 祥 司
8   新型コロナウイルスに思う/再生アーティスト いなずみ くみこ 
10   コロナ禍での私のアート作品/なごみデザイン研究所 岩 橋 格 
11   新しい感性と世界観の往還/久 保 進 
12   自粛という引き分け/成 田 雄 智
13   コロナ禍の下に思う/小 杉 春 見 
14   私の考えるアートは/三 竹 康 子 
14   作品のことをより強く意識/丹 羽 千賀子 
15   コロナ禍に思う/吉 澤 浄 子
16   テレワークとリモートと陶芸窯とYouTube と私/関 根 昌 之 
17   趣味絵師風情 /描き主 矢 作 拓 也 
18   再発見 コロナ禍の美術館にて/花 島 平
19   コロナ禍の中、私 /敷 地 和 子 
20   ピュシスとしての自然/島 田 隆 一
21   雑感/馬 場 温 子
22   新型コロナってなんだ/小 川 猛 志
23   アートの中に自分を見つける/岩 田 洋 子 
24   コロナの年 個展までの日々 -日記から-/廣 瀬 万喜子
25   夜明け前/佐 川 毅 彦
26   コロナ禍でのアートについての『茜モノローグ』
  /愚聴風 大 辻 敏 成

随 想
31   汎美について今思うこと/相 京 三千代 
32   汎美と私の絵心/根 岸 節 
34   トランペットと作品制作/渋 谷 淳一郎
35   社会変化と世代交代に考えること/編集係 三 竹 康 子 
36   アナログ時代の汎美便り/編集係
37   巻末付録/邂逅のおんな達 

裏表紙   編集後記

 
voi.42_h
vol.42
 

 

   
1. 汎美術協会の歴史/大野 善孝
5. 
汎美の境さん/根岸 節
6. 
保倉一郎さんとの思いで/三井 雅彦
7. 
在りのままを観る事の難しさ
 あいちトリエンナーレ2019
 「表現の不自由展・その後」から思うこと/木虎 和生
13. 
夢の中の出来事(9)——自動記述の試作/沖 弘康
14. 
宿命/田村 直樹
15. 
バイクと私/青染 レイコ
16. 
私がこだわる「力強さ」/渋谷 淳一郎
17.
「自分の表現・こだわり」について/阿部 純子
18. 
汎美機関紙に寄せる一文/小川 猛志
21. 
境さんへ/黒田 オサム
22. 
絵画はコミュニケーションたりうるか/大辻 敏成
 
vol41-HI
vol.41

 

 

   
3. 巻頭の辞/汎美術協会代表 根岸 節
3. 汎美術協会の基本方針と実践 2015〜/総括 2018〈1〉
 /汎美術協会事務局長 中西 祥司
7. 汎美の「相互批評」について/木虎 和生
9. 汎美(展)のポジショニングについて/木虎 和生
11. 汎美の精神/田村 直樹
12. 汎美と自分/渋谷 淳一郎
13. 2018年6月入会、中井秀樹とは?/中井 秀樹
14. 絵を描く事の楽しさ(嬉しさ)/成田 雄智
14. 空間の建築/久保 進
16. パリ初出展のご報告/いなずみ くみこ
19.「ニョロニョロっておもしろいね」と言ってくださる方へ
  /三竹 康子
20. 着衣人物を描くとき/高木 須美
21. 作品を造る ということ/根岸 節 
22.「錯綜空間」(木虎和生氏シリーズ制作)の一考察/愚聴風 大辻 敏成
表紙デザイン:三竹 康子
カット:愚 聴風
 
hanbidayori_40
vol.40

 

 
 

   
3. ご挨拶に替えて/汎美術協会代表 根岸 節
[研 修 報 告]
 3—ボストン美術館の至宝展/研修係 島田 隆一
 4—ボストン美術館の至宝展を鑑賞して/相京 三千代
 5—汎美術協会研修座談会の報告
  /座長・編纂 大辻 俊成
8.「SNS」と「Art」と「変化」の話/木虎 和生
10. 日和佐 廣の人間ドラマ
  /版画=日和佐 廣/添付詩=茜
11.「空」の径/成田 雄智
12. デッザンの線/新海 進
13. 汎美術協会へ、今日の芸術家たちへ/小泉 恵一
14. 2017「汎美・秋季展」に想う/保倉 一郎
14. 燃え上がる情念/佐川 毅彦
15. 汎美術協会との出会いと抱負/岸 明子
16.「3/4」/根岸 節
18. 生い立ちを想う/保倉 一郎
21.「乃木坂に…」/愚 聴風
表紙デザイン:三竹 康子
カット:愚 聴風
 
39-hyosi
vol.39
 

   
3. 代表代理の挨拶に替えて/三竹 康子
[吉田代表を偲んで]
 3. 描きたいものを描きたいように…というメッセージを受けて/馬場 温子
 5. 吉田さんとすれちがった/丹羽 千賀子
 6. 仙人・吉田敦彦を悼む/大辻 敏成
[2016年度研修報告]ポンピドゥーセンター傑作選
 8. 島田 隆一
 9. 中西 祥司
 11. 相京 三千代
 11. 大谷 敏恵
[2016年度自然に親しむ会報告]
 12. 日高市・巾着田へ/小杉 和美
[日和佐 廣のクロッキーブックより]
 14. タブロートーキング/讃 編集係
[会員随想]
 16. 一週間の田舎暮らし/岩田 洋子
 17. 和紙との出会いから/大渕 チヨ子
 17. 美術のボクシング/佐川 毅彦
 18. 朝令暮改で分水嶺に/高木 須美
 20. 老境の今/保倉 一郎
 21. 掌説「木曽路の一夜」/愚聴風 大辻敏成
23. 編集後記
 
hanbiletter38
vol.38
 

   
1. 代表になってしまった/吉田敦彦
2. 汎美! これからの挑戦/中西祥司
3. 伝統ある汎美展/田中準造
4. 思いつくままに・2015年秋/吉田敦彦
9. テンユウ ヲ ホユウシ…ギョメイギョジ/保倉一郎
11. まぼろしみなと/塩沢慎介
12. まぼろしみなと取材記/塩沢慎介
[研 修 報 告]
14. 平成27年度汎美研修会に参加して感じたこと/相京三千代
15. これからの美術館辞典をみて/島田隆一
17.『No Museum, No Life? これからの美術館辞典』を観て/中西祥司
19.『No Museum, No Life? これからの美術館辞典』
 国立美術館コレクションによる展覧会を見て/大谷敏恵
19. 雑感-8月7日の研修会/高木須美
20. 8月7日研修会/三竹康子
21.『これからの美術館辞典』を見て/久保進
[会員より 一言・二言・三言]
21. 空間の中に放たれる造形/久保進
22. 描き始めてまだ…/小林勢津子
24. 私の絵心/吉澤淨子
25. 春秋遊吟 抜粋/愚聴風 大辻敏成
26. 編集後記
 
vol37
 vol.37
 

   
2. 巻頭言/田中準造
3. ルイ・ヴィエルヌと私/齋藤公次郎
5. 思いつくままに’14『汎美再興試練の時期』/吉田敦夫
[研 修 報 告] 研修係
 10. チューリッヒ美術館展をみて/島田隆一
 12. チューリッヒ美術館展を観て/相京三千代
 13. 研修会・チューリッヒ美術館展に参加して/吉田敦彦
14. ムーミン展 雑感/三竹康子
15. 今でも想う事/保倉一郎
18. 春秋游吟 25(撰)/愚 聴風
21. 茜モノローグ 3/愚 聴風
22. 事務局より/大野善孝
 
vol36
vol.36 
 

   
1.「汎美だより」によせて/汎美術協会代表 田中準造
2. 故 大はし・まさお氏を偲ぶ/保倉一郎
5. 汎美研修会報告「アメリカン・ポップアート展」研修係
 相京三千代/三竹康子/大谷敏恵/吉田敦彦/高木須美/島田隆一
10. 中村正義の美術館へ「中村正義 時の移ろい」展を見て/大谷敏恵
11. 自然に親しむ会/自然に親しむ会係 根岸節
12. 私の表現考/田中準造
13. 詩「迷宮」/イゾクノ
14. 野鳥の撮影/田村直樹
17. 最近の「夢の記録」より/斎藤公二郎
19. 思いつくままに2013/吉田敦彦
24. 私の逸品=実存のデッサン/阿部純子
25.「茜への書信」/愚聴風(大辻敏成)
28. カンヴァスは内面・実在は外/吉田悦子
 
35-thumb1
vol.35