汎美術協会

会員Member

三竹 康子 Mitake Yasuko

一覧に戻るReturn

東京都出身 1992年
初個展 2003年まで2年ごとに個展、3人展 1993~2002年まで行動展
1997から現在まで毎年汎美展(年2回)出品

群像に魅かれています。 16年前の初個展のとき、テーマを決めたいと思いました。 幼少の時に見た北の海、群れなす魚を描きたいと。
以来、魚群の形を描き続けています。 最近になって群のもつエネルギー(正負を含め)の違う形を 描きたいと思い始め、模索しています。
33年前から「描いて遊ぼ 作って遊ぼ」をコンセプトに アトリエMを続けてきました(小学生~大学生)。
手と指の働き、線と色への感覚を育む手伝いをしたいと願いつつ。 見ていただけたらありがたく思います。  

立つ

平面/アクリル、
ペーパークレイ
/121×150×4㎝
2019汎美秋季展

 

 mitake_201910

水母・くらげなすー

平面/アクリル、粘土/123×182㎝
2019汎美展

 mitake_201903

<左> 復活する記憶・2

<右> 復活する記憶・1
絵・絵の具、粘土、クレパス/92×123㎝
2018汎美秋季展

201809-mitake

群(を想う)
アクリル/276×123㎝2018汎美展

mitake_201804

ここに在るもの
アクリル/
277×123㎝
2017汎美秋季展

123  三竹 康子

群について
絵画 122×184cm
2017汎美展

 m_三竹康子
群をおもう
絵画 122×184cm
2016汎美秋季展
Mitake Yasuko 201610
群 2016 春
アクリル
122X184cm
2016汎美展
 mitake